スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AdMob登録(AdSense)

2014.04.30.Wed.23:16
ハマったというか、
なんで?って程度の話だったのですが、
AdMobへの振込口座登録なのですが、

『基本情報はAdSenseの方で登録していないと登録画面から先に進まない?』

これはAdMob用にGoogle新規アカウントを作成して使用しようと考えたのですが、
AdMobに登録できませんでした。
なにか制限があるのかな?
もともと使用していた旧アカウントはAdSenseで基本情報が登録済みだったため、
AdMobで入力する項目はほとんどなく、すんなり登録完了となりました。
なんか原因不明のままの解決です。気持ち悪いです(--;

『AdMobへの銀行口座の登録』

口座情報を登録すると初回にちゃんと使える口座か確認するためにgoogleさんからごく少量のお小遣いを入金してくれます。(返済するのかな?)
しかし、一回目の口座情報登録に失敗

入力するのは
氏名(半角カタカナ)
銀行番号
支店番号
口座種別
口座番号

氏名以外は番号or選択肢で間違えるわけがない!
だったのですが、盲点でした。
氏名の半角カタカナとは氏名の間のスペースも半角スペースでした。

BGM再生 and SE再生

2014.04.30.Wed.18:29
BGM再生とSE再生とは別のクラスを使用する点に注意が必要です。

わかってしまえば余りにもバカバカしい話なのですが
2日もはまりましたorz

BGM再生に使用するクラスは
MusicFactory

SE再生に使用するクラスは
SoundFactory

私の場合は先にSEを組み込んでいたので、
BGMに関してもSEと同じSoundFactoryを使いまわしてしまえと考えてたのですが、
BGMファイルが読み込めても再生されないという状態に・・・

ためしにSE用のファイルを使用すると、ちゃんと再生されます。
なら音楽ファイルがだめなんだろうと見当違いの方向の調査、
音楽ファイルを数種類作成してならない・ならない・ならない・・・の繰り返しでした。

原因は上記で書いたMusicFactoryを使用しないといけないのですが、
一番の原因は私の思い込みです(汗

ちゃんとMusicFactoryを使用している例を掲載してるサイト様などあったのですが、
脳内変換ですべてSoundFactoryと認識してしまってました。

BGMとSEを使用するためには

public EngineOptions onCreateEngineOptions(){
engineOptions.getAudioOptions().setNeedsMusic(true);
engineOptions.getAudioOptions().setNeedsSound(true);
}

protected Scene onCreateScene(){
//BGM
MusicFactory.setAssentBasePath("music/");
//SE
SoundFactory.setAssentBasePath("se/");
}

public void prepareSoundAndMusic(){
bgmSound = MusicFactory.createMusicFromAsset(pMusicManager, pContext, pAssetPath);
enemyAttackSound = SoundFactory.createSoundFromAsset(pSoundManager, pContext, pAssetPath);
}

略してますが、ことごとくがmusicとsoundの違いです。

Eclipseでソースの再利用時の注意点

2014.04.18.Fri.20:48
先に作成されたパッケージを再利用したいときに
すべてのソース上でパッケージ名を手動変更するのも手なのですが、
Eclipse上でできそうなので挑戦です。

基本の手順は
パッケージ名を選択して、リファクタリングから名前変更で新プロジェクト名に変更
の流れになります。

【失敗】
パッケージ名、ソースプロジェクト名と変更したのですが、genフォルダ内が変更されない。
genフォルダのパッケージ名を変更するも、旧パッケージ名が復活してくる。

【成功】
・gen配下のパッケージ名変更
・AndroidManifest.xmlのパッケージ名変更
・src配下のパッケージ名変更
・最上位のプロジェクト名を変更

注意として、最上位のプロジェクト名では『参照の更新』のチェックを外すこと

なんか全部のファイルに対して全置換を行ったほうが早かったような感じですが、
覚えておけばいつか役に立つでしょう・・・と思いたい。。。

R.javaの値が読み込めない

2014.04.18.Fri.13:40
activity_main.xmlで指定しているIDの値が読み込めない!?

eclipseさんが怒るんですよ。
そんなIDないよって

しかも候補として羅列されるのはまったく知らないIDばかりで。。。

で、gen\プロジェクト名\R.javaを確認してもちゃんと指定したIDは存在している。

はてさて、なんでやら???

ググってみると、同じ症状の人はいるもので、
import android.R;
ってのが追加されてるようなら削除してみな!

とのことでした。
そんなもの追加した覚えないですYO!

・・・追加されてましたYO!

たぶん、他のクラスをインポートした際に流れで入れてしまったんでしょうね。

考えてみると、アプリ開発の勉強始めたばかりのころにも似たような症状があり、
そのときのサンプルコードは原因不明のまま廃棄してしまったような(--;

初期設定

2014.04.18.Fri.12:38
さてさて、連投となります。

AndEngineを使うにあたっての初期設定に関して書くべきなのでしょうが、
こまごま書いていると、私の勉強が進まなくなってしまうので、
初期設定は他サイト様にゆだねます(ヲイ

開発環境を書き出しておくと
・Windows7 32bit
・Eclipse(最新版)
・android-sdk_r22.3-windows
・実機(P-02D)
・AndEngine(最新版)
のようなところでやってます。

初期からの手順はメモってなかったので環境的に思い出したら追記しておきます。

さて、AndEngineを導入してEclipseでプロジェクト作成を行う際にやっておくこと・注意することは
1.AndEngineのパッケージをEclipseのプロジェクトとして読み込ませる
2.開発プロジェクトを作成したら、ライブラリーにAndEngineを追加する

この2点が重要なのでしょう。

1.に関しては
EclipseでAndEngineを使えるようにする設定です
・AndEngineのサイトからダウンロードしたパッケージをローカルディスクに展開します。
・展開したAndEngineをEclipse上で次の手順でプロジェクトに追加します。
 [ファイル]-[新規]-[プロジェクト]
 ↓
 『既存コードからのAndroidプロジェクト』を選択して『次へ』
 ↓
 展開したAndEngineの親フォルダを『ルート・ディレクトリー』に設定
 プロジェクトをワークスペースにコピーを選択して、『完了』を選択する。

2.に関しては
実際に作りたいプロジェクトに対して行う設定です。
・対象プロジェクトを選択
・右クリックからプロパティを選択
・プロパティ画面の左ウィンドウから『android』を選択
・右ウィンドウのライブラリーの『追加』を選択
・プロジェクトの選択画面にて『AndEngine』を選択してOK
・プロパティ画面でOK
以上です。

これでAndEngineを使用してアプリの開発ができます。

・・・画面キャプチャとか撮っておくといいんですけどね。。。また余裕がでたらということで(^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。